ウパルシリーズの最新作、ウパルランド

お馴染のLINEが2015年夏より提供開始しているキャラクター育成ゲーム、それがウパルランドです。iphoneとandroidの端末で無料にて楽しめます。
ウパルと名のついたゲームはLINEウパルサガというものが先にスタートしていて、このウパルランドはそのシリーズの新作という位置づけになります。ウパルは可愛らしいマスコットの様なキャラクターで、ウパル同士を組み合わせて新しいウパルを生み出すことも可能で、正確な数はわかりませんがかなりの種類があります。ユーザーは神としてウパルを育成、コレクションしていくゲームです。7つの属性があり、かけわせる属性によってもウパルが変わるなど、コレクション要素が若干強めです。タイトルにランドと付くだけあって、自分だけの街を作ることが可能で、LINEの友達の街へ行ったりする楽しさも。町作りや育成・コレクションがメインとなっているので、前作が合わなかった人でもこちらは楽しめるかも?目的が違っても、ゲームシステムがかなり似ているのですんなり馴染めると思います。
さて、実際ゲームを開始するとすぐ解りますがウパルランド マナボールというものが必要になります。ゲームによって呼び方が違うだけで、ようするにゲーム内通貨ですね。序盤は何も考えずに進めているだけでも溜まっていきますが、それも最初だけなので、効率よく集める方法を知っておきましょう。
簡単な方法としましては、ウパルの中でもマナボール生産率が良いものだけ集めた生息地を作ってしまう事です。ただ、可愛さとは縁遠くなってくるので若干割り切りが必要です。
他にもウパルを売却して稼ぐ方法で、売値のコスパが良いウパルを召喚するだけです。同じウパルで召喚をすればそのウパルが召喚されるので、適したウパルを呼ぶだけです。おすすめはワルルやバウあたりでしょうか。
他にも手段は色々あるので、無課金で遊びたい人でも安心なので興味ある人はアプリストアを覗いてみましょう。

Fate/Grand Orderの戦闘を有利にするために

色々と解説したいことFate/Grand Orderには山ほどあるが、今回はどうすれば戦闘を有利に進めることができるか?というポイントについて考察してみた。まず戦う時に一番悩むのがコマンドカードの存在だ。Fate/Grand Orderには3枚ものコマンドカードが存在している。それぞれ「バスターカード」「クイックカード」「アーツカード」と呼ばれていて、いくつかの特徴がある。「バスターカード」は高い攻撃力でのアタックを仕掛けることができ、「クイックカード」は次戦闘以降で使えるクリティカルスターを発生させ、「アーツカード」は切り札である宝具を使うためのNPを増幅させる。さて、どれを使うのが一番戦闘を有利に進めることができるのだろうか。個人的に一番便利だと思っているのが「バスターカード」だ。なぜ「バスターカード」なのかというと、一番シンプルにわかりやすくダメージを稼いでくれるからだ。とりあえず困ったら「バスターカード」を3枚選んでおけば、戦闘を有利に進めることができることを覚えておけば良い。「アーツカード」も良い。NPを増やすことで、宝具を打って戦いを有利に進めることができる。もしも「バスターカード」が手持ちになかったならば「アーツカード」を選んでおくと良いだろう。問題は「クイックカード」だ。「バスターカード」ほど攻撃力は高くなく、そして手に入るクリティカルスターはクリティカルダメージを確率で発生させるが、使えるのが次戦闘以降と1ターン遅れることに加えて、クリティカルスターを利用できるキャラクターはランダムとなっている。これは戦闘において明らかな出遅れである。1ターン分ダメージの上乗せが遅れることは、はっきり言って使えるとは言い難い。それに加えて、クリティカルスターによるクリティカルダメージを発生させる権利が、どのキャラクターに割り振られるのかがさっぱりわからない。これでは有効な戦略が建てにくいだろう。もしかしたら今後のアップデート以降使えるカードに変わる可能性もあるが、今のところ保留である。結論としては「バスターカード」と「アーツカード」を中心に選択していけば戦闘を比較的有利に進めることができる。それでは、Fateのマスター諸君のFate/Grand Orderの有意義な攻略を祈っている。

指をくわえてラブライブを見ていたアイマスファンも大歓喜

現在ではアイドルを育成するというゲームはたくさんありますが、その先駆けとなったのがTHE iDOLM@STERという作品。
ゲームセンターのみでプレイが可能だった育成ゲームは、後にXBOXやPSP、DS、PS3などとプラットフォームを移し、現在ではスマホゲームが主流となっています。
スマホゲームとして登場したのは、シンデレラガールズとミリオンライブの2種類で、どちらもカードを集めてデッキを組み、他のプレイヤーと競うというゲーム内容です。
どちらも人気作品だったのですが、そこにもう一つのアイドルマスターが登場しました。
それが、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ。
シンデレラガールズの世界を基にして作られた、従来のカードバトルとは違うリズムゲームとして登場しました。
アイドルマスターといえば、やはりテーマがアイドルということであり、ゲームだけでなく楽曲展開も同時に行われています。
CDで実際に発売されて、オリコンランキングなどにも登場する人気曲などもあり、そういった楽曲で行われる音ゲーというのは、利用者から最も渇望されていたゲームシステムと言えるでしょう。
シンデレラガールズやミリオンライブなどのカードを集めてデッキを組むだけのゲームというのは、操作が単調で飽きやすいというのが難点の一つでした。
しかし、このシンデレラガールズスターライトステージでは、実際に楽曲に合わせてリズムを取るということ、またその楽曲も配信によって次々に増えていくことなど、やりこみ要素が強くしっかりとプレーヤーをつなぎ止めることが出来ます。
こういったタイプのゲームにはラブライブ!がありますが、実際のリズムゲーム画面では構成などはほぼ同じで、同じ操作感でプレイすることが出来ます。
唯一の違いといえば、タップ・長押し・同時押しに加えてフリックが追加されたという部分でしょうか。
この部分だけはシンデレラガールズスターライトステージのオリジナルと言えます。
アイマスファンが首を長くしていたゲームで、配信から3日で400万DLを達成することからもこの秋一番の注目作です。

スマートフォンのゲーム開発は様々な人種が関わっている

コンピュータゲームの開発は何度も経験を積む事が最重要だと言われていました。特定のプラットフォームで複雑なシステムを構築するため、経験値が結果を左右したからです。しかしスマートフォンのゲーム開発では人気のコンピュータ言語であるJavaを使用しています。Javaはプログラマーなら誰でも習得していると評されるほど人気の言語で、コンピュータゲームの開発をしていない人でも関わる事が多いものです。よってゲーム専用機で使用される独特なコンピュータ言語は不要だと言えます。そのため個人の経験値よりも開発業者が共有しているノウハウの方が影響力を持つのです。個人技が結果に大きく影響しなくなった事で、ゲーム開発のハードルは下がったと言えます。しかしその代わりにスマートフォンのゲーム開発では必要事項が一つ増えたのです。それは様々な方面の技術を持つ人材と提携するスキルになります。スマートフォンのゲームは多くの存在に支えられています。例えばスマートフォンのゲームを維持するために絶対必要なのは携帯電話のキャリアです。通信しなければ遊べないという特性を持つため、携帯電話のキャリアに大きく依存している事になります。よって携帯電話のキャリアの通信システムと適合出来ないアプリケーションは、配信を完了させる事さえ危なくなってしまうのです。そのリスクを回避するためには携帯電話のキャリアの持つ言い分を理解出来る事だと言えます。通信サービスを提供している側の理屈を理解する事で、開発可能なアプリケーションの姿が見えてくるのです。それに加えてスマートフォンのユーザーに適しているデザインや音楽を準備する能力も必要になります。開発ペースが早いスマートフォンゲームでは、複雑なシステムを構築するというのは稀です。よって他のゲームで利用されたシステムを転用する事が多くなります。それを何度も行っているとユーザーは飽きてしまうので、メーカー側は音楽とグラフィックで差別化するのです。ユーザーから受け入れられる形にするため、開発側とプレイヤー側の言い分を調整する能力が必要になります。

スマホを制する者がゲーム界を制するのか

スマートフォンゲーム市場に任天堂が参入することが発表されたそうだ。任天堂といえば80年代
半ばからマリオやゼルダなど人気キャラクターで日本のみならず世界中にブームを巻き起こし、
コンピューターゲームを文化として定着させた企業としてあまりにも有名だ。当初8ビットのファミリー
コンピューターいわゆるファミコンからスタートしたハードも、16ビットのスーパーファミコン、64ビットの
Nintendo64、ゲームキューブ、Wii、Wii-Uと時代とともに進化し、マリオを始めたくさんの人気キャラクター
も新たに生まれ活躍してきた。そしてその間表れた強力なライバル、ソニーのプレイステーションと主役の
座を争いながらゲーム業界をハード・ソフトの両面から牽引してきた。任天堂の戦略は据え置き型に
留まらず携帯型ゲーム機の開発にも重点が置かれ初代ゲームボーイからNintendo3DSまで成功を
収めているのはゲームに何が求められているのか何が必要なのかを常に考えていたからだろう。
しかし、その任天堂に思わぬ挑戦者が現れた。いや挑戦者というと誤解を生むだろう。相手はゲーム機
ではないのだから。それが今や人々の生活に無くてはならないスマートフォン、スマホである。スマホは
基本的には電話機であるといえるが、通話機能は今やおまけといっていいくらいその用途は多用だ。
手のひらに乗る小さな高性能コンピューターといったほうがいいかもしれない。その高性能がゲーム機に
とって小さくない脅威となった。ガラケーの時代にも専用のゲームは存在したがスマホのゲームは質において
それをはるかに凌駕する。何より画面が大きいというのはゲームにとって大きなメリットだ。動作もスムーズで
キレイだからゲームに特に感心がない人でも興味を引かれるほどだ。スマホの急速な普及に伴ってスマホで
ゲームを楽しむ人が増えた結果、据え置き型ゲームはかつての勢いを失い、任天堂も新型機の不成功とあわせ
業績が下降、今までの経営方針の見直しを迫られた一つの現われとして、自社以外のハードに参入することを
決めたのだろう。いつまでも勝ち続ける勝者はいないが今回の決定は任天堂をどのように変えていくのだろうか。

スマートフォンゲームの面白さと興奮

今やスマホはほとんどの人が持ちつつあるものですが、ガラケーの携帯を長らく愛用してきた人たちもスマホゲームの魅力にはまり、スマホを購入、そしてアプリをダウンロードして楽しむようになっています。スマートフォンのゲームのよさはどこでも、家でも、外出先でも、あるいは学校でも、そしてちょっとした空き時間に、そしてデートや友達を待っている間の暇つぶしとしてもできるのでとても便利なのです。

とはいえスマートフォンのゲームはあまりにも面白いのでそれにはまってしまうという危険があります。試験前で勉強をしなければならない学生が、ついゲームに夢中になってしまい試験勉強ができなくなってしまったとか、仕事の時間なのにゲームをしてしまったなどやってしまいやすいのです。またスマホというのはフル充電しても早くなくなってしまう事が多く、ゲームをしてしまうとバッテリーがあっという間に警告アナウンスが出る状態になってしまうことがあるのです。

とはいえ、きちんと節度を持って楽しむのであればスマホゲームはリフレッシュになり気分転換することのできる便利なツールになります。ゲームは無料のものが多いですが、課金してグレードアップしていくとさらに面白くなっていきます。ソフトアプリの数が多くどんどん新しいものが発売されていますのでそれらをチェックするのも大変なほどです。あまりにも有名なパズル&ドラゴンズなどは多くの人を飽きさせずいつまでも楽しめるゲームもあれば、すぐにつまらなくなってしまいやらなくなってしまうものもあります。ゲームはどちらかというと男性が楽しむものというイメージがあるのですが、実際はそうでもなく女性が楽しめるものもたくさんあります。夫婦で一緒に楽しむことができるものもありますが、友達同士で4人で遊んだりすることもできるスマートフォンのゲームはかなり興奮してしまうクオリティと今まで味わったことがないような楽しみをもたらしてくれるのではまってしまうのです。

私がはまっているスマートフォンのゲーム

私は今、というかかなりの期間、ディズニーツムツムというスマートフォンのゲームにはまっています。もともと、ゲームはそんなにする方ではないのですが、このゲームは友人に教えてもらってから、すぐにはまってしまいました。このゲームの何が楽しいって、やはりとにかくかわいいことです。ミッキーマウスやくまのプーさんなどの、おなじみのディズニーキャラクターの可愛いぬいぐるみのツムツムはかわいすぎて、見ているだけでもニコニコしてしまいます。いくつになっても、かわいいディズニーキャラクターには癒されます。そして、ゲーム自体もとてもシンプルなパズルゲームなので、複雑なゲームだとスタートする前に挫折してしまう私でも、すぐにルールを理解できて素直に楽しめています。そして、シンプルゆえに高得点を出すためのテクニックや方法をあれこれ調べたり、友達とワイワイ言いながら競い合ったりして飽きることがありません。ですので、電車内とかちょっと暇な時間ができると、ついついツムツムを始めてしまうのです。これまでは、電車内でいい歳をした大人がゲームをやっているのを見ると、なんだかなあといった印象を持っていましたが、あっさり私もそっち側の人間になってしまいましたね。これまで、そういった目で見つめてしまった方たちに謝りたい気持ちです。しかし、スマートフォンというものが登場してとても便利で楽しくなったのはいいのですが、結構時間をとられることも多くなってしまいましたね。まあ、かわいいツムツムを眺めたり、プレイしたりしている時間は癒しのリフレッシュタイムとなっていますので、決して無駄な時間とは思いませんが。それにしても、私がゲームにこんなにはまってしまうとは想像もしていませんでした。私が今はまっているのはツムツムだけですが、スマートフォンのゲームも数え切れないくらい存在しますので、ひょっとしたらこれから本格的にゲーマーの仲間入りをしてしまうかもしれませんね。

スマートフォンゲームはいろいろな年代の人を楽しませる

ゲームというのはゲームセンターや駄菓子屋などでするものだった昭和時代から、ファミコンの登場によってテレビでゲームができるという凄く画期的な時代に変わり、多くの人が熱狂しました。そして今やそうしたゲームが携帯電話スマートフォンでできるようになったのです。しかもダウンロードは無料であり、無料でそうしたゲームができてしまうのです。頭をかなり使うようなものから、キャラクターを自分で育てて強くしていくようなもの、ファンタジーものや恋愛もの、アクション系、そしてセクシー系のゲームもあります。自分の好きなジャンルのゲームをサイトから自由にダウンロードしていつでも楽しむことができるのです。

とはいえ、なんの情報もなしになんとなくダウンロードしてみたゲームというのはあまり面白くないことがありますし、今やっているゲームに飽きてしまうこともあります。そのようなときにはインターネットでスマホゲームの記事を検索して、どんなスマートフォンのゲームが人気でどこが面白いのか、あるいは裏技はどんなものがあるのか、そんなことを調べながらゲームのアプリを見極めていくこともできます。
人気ランキングが発表されたりしており、やるべきアプリを探すのにそうしたものはとても助けになります。

スマートフォンのゲームの特徴の1つはクオリティの高さということがあるのですが、それは音質、サウンド、音楽が本格的であること、細かなところにまでこだわって製作されているということです。ゲームのサウンドを聞いているだけで楽しく感じることがありますし、つい口づさみたくなることさえあります。好きなアニメキャラクターのゲームがあったり、好きなスポーツのゲームがあったりと本当に幅広くゲームのアプリが揃えられているのです。若い人だけが楽しむのではなく、50代60代の人たちもスマホを購入してスマートフォンのゲームを楽しんでいるのであり、それだけ刺激のあるエキサイティングな時間となるのです。

姫王と最後の騎士団の素晴らしさに驚嘆しました

姫王と最後の騎士団には衝撃に近いものを感じております。私はスマホゲームを毎日プレイしていて、スマホゲームとは何かについて、ちょっとした考えを持っているわけですが、そういう私から見てもこのゲームの持つ斬新さには驚かされるものがありました。姫王と最後の騎士団をプレイしたことのない人にそれを知らせるというのはなかなか難しいのですが、しかし、最後の騎士団というテーマはとても感動させてくれるのではないでしょうか。
もちろん、姫王と最後の騎士団というからには、姫王というのが主人公なのでしょうが、だからといって、最後の騎士団という点を見逃してはならないでしょう。騎士団については、西洋の歴史について知っている人であれば、当然ご存じであることと思います。
騎士団の主君と騎士の関係というものは、なかなか奥の深いものがあります。忠誠とは何かという点について考える際に欠かすことのできない素材がそこにはあるのではないでしょうか。この点では、丸山眞男「忠誠と反逆」が参照になりましょう。こういう素晴らしい論文をきっちりと読むことをお勧めしたいです。国会議員なども、この本の読書会に出てきて、内容に衝撃を受けたということらしいです。おそらくは読まずに出来ていた丸山についてのイメージが変わってしまったのではないでしょうか。もちろん、丸山というのは多面的な人ですから、一つのまとまったイメージというもので語ることはできないのかもしれませんが、しかし、どちらにしても読まずに語ってはいけないでしょう。
このゲームについてもそれは同じであり、ちょっとでもプレイしてから語ってほしいものだと思います。こういう素晴らしいゲームは寝食を忘れてプレイすることになりますが、やはりそんなに嵌ってしまってもいけないとは思います。しかし、嵌ることでしか見えてこない世界もあるということは事実であり、それはそれなりに素晴らしいものであることは間違いないです。

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスの魅力について

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスはとてつもない魅力があるゲームでありまして、この魅力を誰かに伝えるまでは死ぬに死ねないと思われます。こういう伝えたいことと言いますのは、しかし、存外伝えにくいものです。素晴らしいということは明らかですが、素晴らしいことが明らかであれば明らかであるほど、言葉はなくなってゆくものなのではないでしょうか。
東京物語なんかは素晴らしいことは明らかですが、あれは当時、涙を流してサラリーマンは見ていたようです。これは藤田省三対話集成第三巻にそのような記述があるから、私は知っているわけですが、ああいうたらいまわしにされる良心を見て涙を流すような「良心」というのが、当時にはあったようですが、現在ではこういうのは損なわれてしまったのではないでしょうか。このように素晴らしいものであっても、案外語りにくいものなのでありまして、この点、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスについても同じであって、私たちは言葉の無力さを感じざるを得ません。
しかしながら、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスの素晴らしさを全く伝えられないようでは、ライター失格ではないでしょうか。このような素晴らしいスマホゲームに関しては、しっかりとした言葉で責任を持って語ることが求められているように思われます。
矢張りファイナリファンタジーの魅力と言えばクリスタルではないでしょうか。ああいう世界観が人々をひきつけてやまないというわけです。八十年代と言えば、ドラクエですが、館シリーズとかもありました。館シリーズは、発表当時、舐めているのか、というような反発があっても不思議ではないでしょう。むしろ、そのような反発を生まない方がおかしいわけです。しかし、ファイナルファンタジーにはそのような反発はなかったと聞いております。それは年配にも受け入れられるような世界観であったからではないでしょうか。