私がはまっているスマートフォンのゲーム

私は今、というかかなりの期間、ディズニーツムツムというスマートフォンのゲームにはまっています。もともと、ゲームはそんなにする方ではないのですが、このゲームは友人に教えてもらってから、すぐにはまってしまいました。このゲームの何が楽しいって、やはりとにかくかわいいことです。ミッキーマウスやくまのプーさんなどの、おなじみのディズニーキャラクターの可愛いぬいぐるみのツムツムはかわいすぎて、見ているだけでもニコニコしてしまいます。いくつになっても、かわいいディズニーキャラクターには癒されます。そして、ゲーム自体もとてもシンプルなパズルゲームなので、複雑なゲームだとスタートする前に挫折してしまう私でも、すぐにルールを理解できて素直に楽しめています。そして、シンプルゆえに高得点を出すためのテクニックや方法をあれこれ調べたり、友達とワイワイ言いながら競い合ったりして飽きることがありません。ですので、電車内とかちょっと暇な時間ができると、ついついツムツムを始めてしまうのです。これまでは、電車内でいい歳をした大人がゲームをやっているのを見ると、なんだかなあといった印象を持っていましたが、あっさり私もそっち側の人間になってしまいましたね。これまで、そういった目で見つめてしまった方たちに謝りたい気持ちです。しかし、スマートフォンというものが登場してとても便利で楽しくなったのはいいのですが、結構時間をとられることも多くなってしまいましたね。まあ、かわいいツムツムを眺めたり、プレイしたりしている時間は癒しのリフレッシュタイムとなっていますので、決して無駄な時間とは思いませんが。それにしても、私がゲームにこんなにはまってしまうとは想像もしていませんでした。私が今はまっているのはツムツムだけですが、スマートフォンのゲームも数え切れないくらい存在しますので、ひょっとしたらこれから本格的にゲーマーの仲間入りをしてしまうかもしれませんね。

スマートフォンゲームはいろいろな年代の人を楽しませる

ゲームというのはゲームセンターや駄菓子屋などでするものだった昭和時代から、ファミコンの登場によってテレビでゲームができるという凄く画期的な時代に変わり、多くの人が熱狂しました。そして今やそうしたゲームが携帯電話スマートフォンでできるようになったのです。しかもダウンロードは無料であり、無料でそうしたゲームができてしまうのです。頭をかなり使うようなものから、キャラクターを自分で育てて強くしていくようなもの、ファンタジーものや恋愛もの、アクション系、そしてセクシー系のゲームもあります。自分の好きなジャンルのゲームをサイトから自由にダウンロードしていつでも楽しむことができるのです。

とはいえ、なんの情報もなしになんとなくダウンロードしてみたゲームというのはあまり面白くないことがありますし、今やっているゲームに飽きてしまうこともあります。そのようなときにはインターネットでスマホゲームの記事を検索して、どんなスマートフォンのゲームが人気でどこが面白いのか、あるいは裏技はどんなものがあるのか、そんなことを調べながらゲームのアプリを見極めていくこともできます。
人気ランキングが発表されたりしており、やるべきアプリを探すのにそうしたものはとても助けになります。

スマートフォンのゲームの特徴の1つはクオリティの高さということがあるのですが、それは音質、サウンド、音楽が本格的であること、細かなところにまでこだわって製作されているということです。ゲームのサウンドを聞いているだけで楽しく感じることがありますし、つい口づさみたくなることさえあります。好きなアニメキャラクターのゲームがあったり、好きなスポーツのゲームがあったりと本当に幅広くゲームのアプリが揃えられているのです。若い人だけが楽しむのではなく、50代60代の人たちもスマホを購入してスマートフォンのゲームを楽しんでいるのであり、それだけ刺激のあるエキサイティングな時間となるのです。

姫王と最後の騎士団の素晴らしさに驚嘆しました

姫王と最後の騎士団には衝撃に近いものを感じております。私はスマホゲームを毎日プレイしていて、スマホゲームとは何かについて、ちょっとした考えを持っているわけですが、そういう私から見てもこのゲームの持つ斬新さには驚かされるものがありました。姫王と最後の騎士団をプレイしたことのない人にそれを知らせるというのはなかなか難しいのですが、しかし、最後の騎士団というテーマはとても感動させてくれるのではないでしょうか。
もちろん、姫王と最後の騎士団というからには、姫王というのが主人公なのでしょうが、だからといって、最後の騎士団という点を見逃してはならないでしょう。騎士団については、西洋の歴史について知っている人であれば、当然ご存じであることと思います。
騎士団の主君と騎士の関係というものは、なかなか奥の深いものがあります。忠誠とは何かという点について考える際に欠かすことのできない素材がそこにはあるのではないでしょうか。この点では、丸山眞男「忠誠と反逆」が参照になりましょう。こういう素晴らしい論文をきっちりと読むことをお勧めしたいです。国会議員なども、この本の読書会に出てきて、内容に衝撃を受けたということらしいです。おそらくは読まずに出来ていた丸山についてのイメージが変わってしまったのではないでしょうか。もちろん、丸山というのは多面的な人ですから、一つのまとまったイメージというもので語ることはできないのかもしれませんが、しかし、どちらにしても読まずに語ってはいけないでしょう。
このゲームについてもそれは同じであり、ちょっとでもプレイしてから語ってほしいものだと思います。こういう素晴らしいゲームは寝食を忘れてプレイすることになりますが、やはりそんなに嵌ってしまってもいけないとは思います。しかし、嵌ることでしか見えてこない世界もあるということは事実であり、それはそれなりに素晴らしいものであることは間違いないです。

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスの魅力について

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスはとてつもない魅力があるゲームでありまして、この魅力を誰かに伝えるまでは死ぬに死ねないと思われます。こういう伝えたいことと言いますのは、しかし、存外伝えにくいものです。素晴らしいということは明らかですが、素晴らしいことが明らかであれば明らかであるほど、言葉はなくなってゆくものなのではないでしょうか。
東京物語なんかは素晴らしいことは明らかですが、あれは当時、涙を流してサラリーマンは見ていたようです。これは藤田省三対話集成第三巻にそのような記述があるから、私は知っているわけですが、ああいうたらいまわしにされる良心を見て涙を流すような「良心」というのが、当時にはあったようですが、現在ではこういうのは損なわれてしまったのではないでしょうか。このように素晴らしいものであっても、案外語りにくいものなのでありまして、この点、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスについても同じであって、私たちは言葉の無力さを感じざるを得ません。
しかしながら、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアスの素晴らしさを全く伝えられないようでは、ライター失格ではないでしょうか。このような素晴らしいスマホゲームに関しては、しっかりとした言葉で責任を持って語ることが求められているように思われます。
矢張りファイナリファンタジーの魅力と言えばクリスタルではないでしょうか。ああいう世界観が人々をひきつけてやまないというわけです。八十年代と言えば、ドラクエですが、館シリーズとかもありました。館シリーズは、発表当時、舐めているのか、というような反発があっても不思議ではないでしょう。むしろ、そのような反発を生まない方がおかしいわけです。しかし、ファイナルファンタジーにはそのような反発はなかったと聞いております。それは年配にも受け入れられるような世界観であったからではないでしょうか。

スポーツとシミュレーションゲームが好きです

スマートフォンを持ちだしたころはまだまだ画面も小さくグラフィックも今一つ、さらにはスマートフォンのCPUが低かったのでまだまだ画面が固まるという状況だったのでほとんど利用していませんでした。携帯用ゲームを利用していたというところが現実です。しかし、最近のスマートフォンは画面も5インチ以上、画面も美しく、CPUもかなりスペックアップしているということでかなりのゲームでも十分に遊ぶことができるようになりまし多。そんななかでもわたしがいつも楽しんでいるのはスポーツゲームとシミュレーションゲームです。実はあまり複雑なゲームは昔から得意ではなく、昔ながらのゲームをスマートフォンで暇つぶしに楽しむというのが私のスタンスです。まずスポーツゲームです。これはゴルフと野球が定番で大好きです。このゲームをしてると小学校時代にはじめて家庭用据え置きゲーム機を購入して楽しんだ時の気分がよみがえってきて非常に感慨深いものがあります。もちろん、もっともっと複雑でリアルなゲームもあると思うのですがどちらかというとレトロなゲームのリバイバルを楽しんでいます。そして次に楽しんでいるのがシミュレーションゲームです。特に競馬が大好きなので競走馬育成シミュレーションゲームがほとんどです。こちらについてはかなり現実のレース体系や競走馬の育成シミュレーション、レース画像もリアルで本当に楽しむことができます。また、有料でいろいろなアイテムを購入しなくても無料で十分楽しむことができるのが良いところではないでしょうか。私自身、こうしてスポーツゲームとシミュレーションゲームを時間を見つけては楽しんでいますがなかなか子供と一緒にSNSを活用したゲームというところにはたどり着いていません。なかなか、子供たちの流行におい着けていないというのが実情です。たまに自宅で子供たちのゲームを楽しむ間のスマートフォンの画面を見ていると目が回りそうです。

スマートフォンのゲームで格ゲーを出してほしい

スマートフォンのゲームで格ゲーを出してほしいという偏屈な考えを持っているスマホゲーユーザーは私だけでしょうか?格ゲーといえば、ウメハラさんを筆頭にプロゲーマーがそのジャンルを盛り上げていて、印象に深いものがありますが、どうしても家庭用の据え置き型ゲーム機に限られてしまう面があるじゃないですか?

もちろん、スマートフォン自体の操作がフリックとかタップに限られてしまうため、ボタン数がたくさんあるコントローラーを持つ据え置き型のゲーム機には秒間あたりの入力回数的に全然太刀打ちできないのは理解しています。それは理解しているのですが、あえてやってくれると面白い結果が生み出されるような気がするんですよね。フリックだって重力検知装置みたいなものを使って、振る角度とかで入力内容が違うように調整することもやれないわけではないですよね?今の日本のメーカーの技術力を持ってすればむしろ簡単かもしれません。

そうして、多数の入力を擬似的に可能になった格闘ゲームアプリが満を持して登場したらどうなるでしょうか?きっとウメハラさんに続く、第2のウメハラ的な存在がスマートフォンゲーム界に誕生するかもしれないですよ。もちろん、かなり妄想が入っているため、話半分どころか聞く耳を持たないくらいの体で聞いて頂きたいんですが、私はこのような状況になったらワクワクすると思うんですよ。

格闘ゲームアプリ大会では、それぞれのマイスマホを持ってくるわけです。熱くなりライバルと戦った結果、2ラウンドを先取されて負けてしまいました。熱くなっていますから、精神的にこらえきれず、スマートフォンをぶち投げるプレイヤーも出てくることでしょう。それもひとりふたりではなく、星の数ほどです。そうなるとどうなると思いますか?そうですよね。スマートフォンが無ければ今の世の中回らないわけですから、また新しく労せずしてスマホが売れるというわけです。ここが個人的には熱いですね。

スマートフォンのゲームと音ゲーの相性について

スマートフォンのゲームについては、基本的にはそれほど複雑な操作を要求されるゲームというものはありません。というのも据置型のゲーム機や携帯ゲーム機とは違いコントローラーがついていない為であり、複雑な操作自体が不可能だからです。ですので現状においては、基本的には画面をタップするだけというゲームがメインとなっています。
いちおうスマートフォンに取り付けることができるコントローラーも発売してはいますが、そこまでしてスマートフォンでゲームをするのなら、普通に携帯ゲームをするという人の方が大多数だと思います。スマートフォンでゲームをしている人には、今まであまりゲームをしてこなかったというライトユーザー層が多いので、複雑な操作が要らないということこそが重要だということもあります。そこにコントローラーを導入してしまうと、その利点がなくなってしまいかねないです。
このようにある意味では操作性に制限がかかってしまうスマートフォンのゲームですが、逆にそのことと相性が良かった為に需要が爆発的に伸びたジャンルのゲームに、音ゲーというものがあります。音ゲーは基本的には、音楽に合わせて画面をタップするだけのゲームなので、まさにスマートフォンのゲームにうってつけだったのでしょう。ラブライブやSHOW BY ROCK!!などのように、アニメ化までして人気をはくしている音ゲーもあり、もはやスマートフォンのゲームの一大人気ジャンルになっています。
音ゲーというジャンルは従来からあったとはいえ、ゲームセンターでは人気がありましたが、家庭用ゲームとしてはそこまで人気のジャンルではなかったことを考えると、それだけでもいかにスマートフォンのゲームとの相性が良かったのかが分かると思います。先にも述べたようにスマートフォンのゲームにはゲームの分野におけるライトユーザー層が多かったのも、音ゲーには幸いしたのかもしれません。スマートフォンで音楽を聞く感覚で、プレイできますから。
音ゲーの需要はまだまだ増加しているので、今後もスマートフォンのゲームにおけるメインジャンルとして続いていきそうですね。

やったことないけどスマホゲームについてちょっと思ったこと

世界中の人々に急速に普及したスマートフォン、いわゆるスマホ。今もその勢いは続いて
社会インフラのひとつとしてなくてはならない存在になった。パソコン使えなくてもスマホが
あれば大丈夫、何も困らないという人が若い世代にどんどん増えているそうで、そんな
新人君に上司や先輩が頭を抱えているらしい。おはようからおやすみの瞬間まで手放せなく
なったスマホは確かに便利で、調べ物や連絡、買い物や暇つぶしまで生活のあらゆる場面で
活躍してくれる。日本人は昔から行列を作って待つことに割りと平気だったが、スマホのおかげで
さらにいつでもどこでも暇つぶしができて待つのが苦にならなくなった。行列の中でも待合室でも
街角でもスマホさえあれば退屈知らず。暇つぶしに最適なのはやはりゲームだろうか。TVCMでも
スマホゲームを頻?に目にするくらいその市場も大きいのだろう。おかげでかつての家庭用
据え置きゲーム機は割りを食らってかつてのような存在感はなくなった。画面の大きさや操作法の
違いがあるのですみわけて共存していくのだろうが、使う人間の時間が増えたわけではない。
かつてテレビがゲーム機に視聴時間を奪われたのと同じことが今度はゲーム機におきているという訳だ。
スマホなら肌身離さず持っていて場所も時間も選ばずさっと使えるからそのメリットは大きい。ゲームをする
という意気込みがスマホには薄いというか必要がない。据え置き型ならとりあえず設置してある部屋に
行かなければならないからこの差だけでも結構大きい。時間の取り合いとなるとスマホに大きく分がある
と思える。ゲームマシンとしてなら確かに据え置き型のゲーム機のほうがスペック的にも出来ることの
自由度は高いに違いないだろう。しかし、使える自由度は持ち歩けるスマホのほうが勝っている。
ゲーム専用機でなければ出来ないようなゲームをしたい人ばかりではないし、ゲームはしたことないけど
スマホは持っているという人も多いから潜在的ユーザーを掘り起こす可能性はスマホのほうがずっと大きい。
暇つぶし目的でゲームでも入れてみるかと簡単に始められる。スマホもスマホゲームも頭打ちかなどという
声が一部であるようだが、ブーム期から定着期に移りはじめたということだろう。これからもスマホゲームは
発展し、根付いていくに違いない。

スマートフォンのゲームで理想の王子様に巡り会えました

とっくの昔に二十歳は超えていますが、未だに王子様を探しています。
白馬に乗った王子様を探していると公言するのは勇気がいりますが、インターネットだからいえることなのです。
現実世界ではなかなかそういった優しくてスマートな男性、というのは目にしたことがありませんが、スマートフォンのゲームの中でなら周りを見渡せばみんながそうです。
普通にゲームをしているだけでも紳士的に接してくれますので、自然と私もお姫様の気分を味わうことができます。
これって一種のロールプレイングだと思うんですよね。
ちなにみに、スマートフォンのゲームの中では、私はちょっと生意気なお姫様を演じています。
グラフィックはもちろん、サウンドも凝っていて、よりその世界に連れてってくれるのでやめられません。
こんな私でも現実では平凡な主婦ですが、それなりに家庭については幸せを感じています。
主人は決して王子様というタイプではありませんが、にこにこと優しくて包み込んでくれるオーラの持ち主なのです。
そんな主人も同じゲームを始めることになったのですが、ゲームの世界ではより男らしく振る舞ってくれるので、誰よりも白馬に乗った王子様であることが判明したのです。
ずっと一緒に暮らしてきてそう感じさせるシーンはたくさんありましたが、回り道はしてきましたが、やっと真実に巡り合うことができて幸せです。
子供が大きくなれば家族3人そろってスマートフォンのゲームの中で旅をしていくこともできる、と今からすごく楽しみなのです。
まだ子供は小さいのでスマートフォンに触ることはできませんが、興味は示してくれているのはわかります。
それまでにたくさん経験を積んで、レベルを上げていきたいですね。
もし家族みんなでゲームをすることができればゲーマーの一家としても鼻高々です。
ただ、子供は娘なのでお姫様の存在が2人になってしまいますが、その時にはまた立場を考えて色んな職業へ転職することも視野に入れています。

スマートフォンのゲームは初心者がターゲット

スマートフォンのゲームは難易度が低い事で知られています。その難易度はゲームに慣れた人であれば物足りないレベルである事は間違いありません。それにも関わらずスマートフォンのゲーム市場は拡大傾向です。市場成長の推進力となっているのは初心者ゲーマーの獲得だと言われています。ゲーム専用機の価格は高騰し続けており、新機種が登場する度に値段が話題に出ます。最も高額だった時には5万円を超えた事もあり高級な家電製品と遜色ない価格です。だからゲームに強い関心を抱かない人は無理して専用機を購入する事がなくなりました。それはコンピュータゲームが趣味としての地位を確立した時代からでは考えられない事態です。コンピュータゲームの業界も衰退している事を目の当たりにして強い危機感を抱く事になりました。だからスマートフォンのゲーム開発に力を注いで、ゲームに不慣れな初心者を顧客にしようと努力したのです。ゲームに触れた機会が少ない顧客であれば、使い古されたシステムを転用する形でも十分楽しませる事が出来ます。予算が限られるゲーム開発では既存のシステムを活用出来る事は大きなメリットです。以上の様な事情もありスマートフォンをプラットフォームにしたゲーム開発が流行しました。ゲーム業界にとって嬉しい誤算だったのは、想定した以上の顧客を獲得した事だと言われています。スマートフォンのアプリケーションのダウンロード数で、ゲーム関連のサービスがランキングを独占している事からも間違いありません。何処でもプレイ出来るという特性を併せ持っているので、暇を持て余した人から支持されているのです。以上の様な理由から初心者向けのゲームが開発され、多くのファンを獲得するという流れが形成されました。それに加えて単純な操作で爽快感を得られる事実も無視出来ません。スマートフォンのゲームをプレイする人は、難易度よりも爽快感を追い求めているという事です。スマートフォンのゲームアプリが簡単なのは顧客が望んだ結果だと言えます。